洗車機はキズがつく?手洗いならOK?

洗車機は車をキズつけると聞いたことはないでしょうか?

それはもはや過去の常識になっています。

そもそもどんなに丁寧に手洗いしてもボディに物理的な作用を加えた段階で多かれ少なかれキズついてしまいます。

ですが、手洗いに比べると洗車機の方が傷が多いというのが正しい表現でしょう。

ですが、最新の洗車機は洗車キズがきわめて少ないです。

たとえば、あなたが2時間かけた愛情の手洗いの方が、ずっとキズつけてしまっている可能性だってあるわけです。

また洗車道具、最後に使ったのはいつですか?保管場所は?三か月前に使ってバケツにいれたままではないでしょうか?

砂をたっぷりかかっている可能でもあります。

まるで砂粒で車のボディをこすているようなものです。

スポンジに入り込んだ砂は、完全に除去することはできません。

最近多く見かける洗車機は、洗車ブラシに不織布を使い、ゆっくり回転させたり、のれんのようにぶら下げた中に車を通すなど、ソフトタッチがウリになっています。

また車両形状認識センサーや制御コンピューターの進歩により、どんな形状のくるまでも決して強くブラシを押しつけることはありません。

しかも、ブラシの自己洗浄機能も備えられていて、前の車から付着した汚れで車がキズつけられるという心配も少なくなりました。

洗車気だからキズつくということはなくなったと考えていいでしょう。

もし、自動車の処分をお考えならら今すぐコチラ。